偕楽園の梅・開花速報発信中!梅色いばらき


投稿日:2016年02月01日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部です!

先週末は、いばらきでもまとまった雪が降り、強烈な寒さとなりました。

かと思えば暖かなポカポカ陽気の日もあり、三寒四温でそろそろ春が近づいてきているのではないでしょうか。

 

そんな春の訪れをひと足先に告げてくれるのが、梅の花です!

_MG_0463

茨城県には、水戸・偕楽園や筑波山など、梅の名所もたくさんあるのですが・・・

2月下旬からの梅まつり開幕を前に、実はもう梅の花が綻び始めているようです♪

→観光いばらきでは、梅の名所や開花状況をお知らせする「梅色いばらき」を公開しました!

 

というわけで、1月下旬の冷え込むある日に水戸市の偕楽園へ行ってまいりました。

偕楽園東門から入ると・・・

_MG_0468

本格的な開花はまだまだ先ですが、ちらほらピンク色が見えますね!

梅の中でも紅梅は白梅に比べて開花が早いそうで、早い木はもう昨年末に花開いていたとか。

偕楽園梅林には、約3,000本の梅の木が植えられているのですが、

2月頭現在、その1割の300本強が咲き始めているとの速報です。

 

東門をはいってすぐ、左手の梅はさらに開花が進んでいました!

_MG_0458

_MG_0465

 

とはいえ、偕楽園の梅は早咲き~遅咲きまで多くの品種が植えられているので、

長い期間楽しめるのが特徴。

2月20日に開幕する「第120回記念 水戸の梅まつり」も、3月31日までと1ヶ月以上の開催期間となっています!

20160201185937_00001

さて、偕楽園に来たらぜひ立ち寄ってもらいたいのが、東門すぐ右手にある「見晴亭」。

_MG_0475

水戸をはじめ、県内のお土産販売と観光案内を行っています。

見晴亭は県内観光ガイドの拠点でもあり、梅まつり期間中は「いばらき夢ガイド」にも出会えるかもしれません♪

 

ちなみに、見晴亭の奥側にある白梅も、開花が進んでいました!

_MG_0473

近づいて、よく見てみると・・・

_MG_0471

この木は「八重冬至」という種類のようです!

偕楽園の梅はこのように種類が明示されているので、さまざまな品種の違いもぜひ楽しんで頂きたいポイントです。

 

さて、花を愛でたら、次は美味しいものでお腹も満たして帰りましょう♪

偕楽園名物といえば、やっぱり梅グルメですね。

東門外にある「偕楽園レストハウス」で、梅うどんをどうぞ!

_MG_0428

麺が梅色に色づいているのがわかりますか?

実は、梅を練りこんだうどんなんです!

それから、上にのっているのはこれまた水戸名物の納豆。

酸味は強くなく、ほのかに感じられる梅の風味が爽やかで

幅広い世代の方にオススメできる一杯です。

 

第120回記念 水戸の梅まつりの詳しい情報については、

観光いばらきで特集中の「梅色いばらき」をチェックしてくださいね!

 

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/umeiro.html