「かすみがうら市観光帆引き船」見学に行ってきました♪


投稿日:2016年08月21日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部です。

 

夏と言えば海!しかし、湖も熱い!!と言うことで、

「かすみがうら市観光帆引き船見学」をレポート致します。

 99999

  帆引き船とは、折本良平氏が考案し、明治十三年、霞ヶ浦に姿をあらわします。

この船を使い、引き網漁を行うと言う画期的な漁法を用いました。

海中に「そで網」を沈め、霞ヶ浦の風を帆いっぱいに受け、網を引っ張りながら移動しワカサギやシラウオを狙って昭和40年代まで捕ってきました。

しかし、トロール船によって世代交代が起こり、姿を消します。

 

さて、お勉強はこれくらいて早速見学へ!

おっとその前に、観光帆引き船を見学するには事前の予約が必要になります。

かすみがうら市観光協会 029-897-1111

に連絡して予約を行ってくださいね♪

 

では、予約を済ませた後、当日は受付があります。

場所は歩崎公園内の奥にある

_MG_7492

↓この場所、かすみがうら市生産物直売所で行っております。

_MG_7495 受付表に必要事項を記入後、

大人2,000円 小人1,000の料金を支払ったら、

 

 

 

じゃじゃ~ん!!ライフジャケット♪が渡されます。

これを装着したら、テンションもますます上がってきます♪

_MG_7502-2

 

 

 

そこから移動し船着場へ。

_MG_7505

 

 

着いたら今回乗り込む漁船に誘導されました。

えっ!漁船?・・・帆引き船に直接乗らないの!?

その理由は、見学すればすぐに分かります。

素人が帆引き船に乗るなんてとんでもない荒業です。危険すぎます!!

_MG_7515

この日は台風が上陸する1日前で、風も強く、波もあると言う説明をうけましたが、

遠めから湖を見ていても、「いや~楽勝でしょう~♪」と思った私が浅はかでした。

_MG_7516

出航してすぐは穏やかな湖が、岸から離れるにつれけっこうな波が出てきます。

それにつけて船長もMAXスピードで快走!!顔に水しぶきがかかりまくりです。

_MG_7547

一緒に乗船したマダム達も揺れる船に歓声を上げて、まるで遊園地の乗り物に乗ってるようでした♪

_MG_7517

 

沖合いに着いたところで、いよいよ帆引き船は準備に取り掛かります。

まずはそで網を仕掛けます。

_MG_7562

ようやく帆を張ります。

これは熟練した技術が必要で、非常に危険を伴います。

_MG_7579

 

先ほども言いましたが、風が強くて残念ながら半分の高さまでしか帆が張れません。

 

しかしながらこのド迫力!!

_MG_7588

ゴーストバスターズのマシュマロマン並みのでかさっっ!!

_MG_7647-2

 

海の男ってやっぱりカッコいいですね!かなり揺れているのに余裕です!!

_MG_7697

_MG_7625_MG_7609

_MG_7616

この時、ただのデモンストレーションだけかと思いきや、港についたら・・・

_MG_7748-2

とれてる!

_MG_7763

すごーい!!網をしかけてからだと30分足らずの時間だったのに大漁です。

本物の漁もみれて感動しました♪

 

最後に、本日担当していただいた、かすみがうら市観光協会の池澤さんにお話をうかがいました。

_MG_7509-2

「帆引き船操業は、霞ヶ浦漁業の歴史を知る上で極めて重要な文化遺産なので、

皆さんに知っていただきたいと思っています。

湖に真っ白い帆を掲げた勇姿を見て、

普段では体験できないことを是非お楽しみ下さい。」

と話していただきました。

 

この壮大で、昔の人々の偉大さを感じることのできる観光帆引き船見学は、

2016年11月27日までの毎週日曜日に操業されています。

 

 

お問い合わせ先

かすみがうら市観光商工課

029-897-1111

 

かすみがうら市観光協会HP

http://www.city.kasumigaura.ibaraki.jp/hobiki/