茨城県北芸術祭ブログ-北澤潤@鯨ケ丘商店街 2016.9.15.-kenpokuart


投稿日:2016年09月16日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の根本です!

前回の原さんに続いて、今回も常陸太田市鯨ケ丘商店街をレポートしたいと思います。

 

鯨ケ丘商店街は、ぐるりと円を描くようになった通りになっていて、

常陸太田駅から進んで左側の通りが「西町」、右側の通りが「東町」と呼ばれています。

西町側には、梅津会館や旧オーベルジーヌが。

_mg_4641

_mg_4646

そして、東町側には前回の原さんの制作拠点・旧亀宗のほか、

北澤潤さんの展開する「リビングルーム鯨ケ丘」があります!

20160915192846_00001

 

ここは、鯨ケ丘にあった旧衣料品店「こうわ」。

芸術祭の開幕よりひと足早く、9月10日からオープンしていたそうです!

img_0028

_mg_4688

真っ白に塗られた室内は、名前の通りまさにリビングルーム。

運営している「店員」さんや、地域の人々が思い思いにくつろいでいました。

_mg_4681

「ここは誰でも自由に入ってもらって、自由に過ごしてもらえる場所なんです。

だって、リビングルームですから♪」

と、店員さんに招かれて、私もお邪魔してみました!

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%88

店内に置かれているものひとつひとつには、こんな風にメモが貼られています。

日付と、品物についてのコメントが書かれているみたいです。

実はここにあるものは、街なかから集めてきたものだったり、

誰かが持ってきたものだったり。

そして、何かを持ってきたら、ここにあるものどれかと交換することができるのです!

 

持ってくるものに決まりはありませんが、リビングルームなので

「こんなものがあったら嬉しいな」と求めているものがあるみたいです。

_mg_4684

例えば、みんなで遊べるゲーム。くつろげるソファ。音楽で盛り上がれるスピーカー。

集まって食事ができるちゃぶ台などなど・・・

 

なんと!このプロジェクトを発案した、北澤さんにお会いできました!

img_0030

実はわたし、北澤さんとお会いしたのは二度目なんです。

昨年末に常陸大宮市で開催された、県北芸術祭のプレイベント・ワークショップでした。

 

海外で活動されている北澤さんは、数日後には戻られるそうで、

たまたまお会いできて本当にラッキー!

「会期中は来られるかまだわからないですが、

できればまた様子を見に来たいと思っています」

とお話してくださいました。

 

_mg_4664

奥に置かれていたソファに座り「この席、気に入ったなあ~」と話す北澤さん。

リビングルーム全体を見渡せる場所です♪

 

このリビングルームの面白いところは、日々変化していくこと。

昨日まであったものがなくなって、代わりに別のものが置かれていくのです。

「地域によって特徴が出るんですよ。常陸太田は歴史のある町だから、

歴史を感じるものが多いかもしれないです」

確かに、そうかもしれません!

年代物のオルガンや、年季の入ったカルタなどもありました。

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%88b

 

リビングルームの中で、私が気になったものは・・・こちら!

お向かいのラーメン店「昇龍」のご主人が持ってきたお鍋です♪

_mg_4687

昇龍のラーメン、個人的にオススメなので、ここへ来たならぜひ立ち寄って頂きたいです!

_mg_4652

_mg_4659

 

奥の壁には、鯨ケ丘を中心とした常陸太田市の地図が描かれています。

物の写真がピン留めされている場所は、元の持ち主のお住まい。

_mg_4671

中央赤のしるしが、ここリビングルームです。

今はまだ始まったばかりで、鯨ケ丘周辺から持ち寄られたものが多いですが、

このマップもだんだんと変化していくのでしょう。

 

会期中に、このリビングルームはどんな姿になっていくのでしょうか?

なんだかとっても気になるので、また様子を見に来たいと思います。

そして次に来るときは、「リビングにあったらいいなあ」と思うものを私も持参します!

_mg_4662

 

ちなみに、観光いばらきでは茨城県北芸術祭と一緒に楽しむモデルコースを公開しました♪

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/kenpoku-tours.html

常陸太田市コースでは、鯨ケ丘の楽しみ方も提案しています。ぜひ、ご覧下さい!